脳について

若さには、脳や心の若さもあります。と言うより、脳や心はからだと一体なので、脳や心が若くないと、体も早く老化します。
では、脳と心の若さは、何によってもたらされるのでしょうか。
 
1つは、脳細胞が元気で若々しいことです。わたしたちの脳細胞は、1日に10万個死滅すると言われます。それと併行して、脳が縮みます。いったん減った脳細胞は、元には戻りません。それは加齢による自然現象ですが、脳をよく使い、刺激することによってニューロンが生まれて補完します。
 
また、脳細胞が死滅し、脳の萎縮が進んで、明らかにアルツハイマー病の様相を呈していても、脳を活発に使っていれば認知症にならないことが明らかになっています。
もう1つ、心が若々しくないと、脳の機能が低下します。うつ病になると思考力が低下しますが、それは精神的ストレスを受けたため、脳の働きが低下するからです。

食事でアルツハイマー病は予防できる

過剰に蓄積した内臓脂肪によってもたらされるメタボリックシンドロームは、動脈硬化や本格的な糖尿病、心筋梗塞、脳卒中などの予備軍です。そして、アルツハイマー病の発症にも関係すると考えられています。糖尿病がある人は、アルツハイマー病になるリスクが2倍高くなるというデータがあります。

食事の面からも、メタボとの関係が明らかになっています。アメリカで2258人の高齢者を平均7年間、追跡した調査がありますが、果物、野菜、豆類、シリアル(穀類)、魚類の5品目については多く食べている人ほど、肉類と乳製品は少ない人ほど、アルツハイマー病の発症率が低かったそうです。

わが国でも、肉をやめ、魚と野菜中心の食事に変えることによって、初期のアルツハイマー病が改善したという報告もあります。アルツハイマー病や認知症の予防に適しているのは、肉や脂肪が少なく、穀類、豆類、野菜、魚、海藻などが中心の日本型の食事です。

当クリニックでは、完全担当医制を採用することにより患者さまに歯科のトータルケアを提供しております。各種健康保険取扱 審美歯科、インプラント、矯正歯科、一般歯科まで。大阪の中心、梅田駅よりすぐです。

言われるがままの治療を言われるがままの金額で受ける、そんなイメージをお持ちの方は、インプラントを上野で施す当クリニックへご相談ください。お一人お一人にあった治療方法をお薦めしています。

インプラント治療は、噛み合わせのバランスを考え総合的な診断のもとに治療を行うことが重要です。単に失ってしまった歯を補うだけの治療を行っても、望ましい結果を得られない場合がありますのでご注意ください。インプラント治療は、単なる機能の回復ではなく、審美性を持った健全な歯を再生させる治療でなければなりません。つまり、インプラント治療は、「審美性」や「機能性」が追求されるべきと考えます。インプラントは、現在の歯科技術において最も自分の歯に近い構造と言えます。インプラントに関するより詳しい情報はこちらのホームページへ

ホームページ上で医院の物件情報、開業のための基礎知識の他に、コンサルタントによるFacebookページを随時更新しています。現在、開業を支援している案件なども紹介していますので、ぜひアクセス!